2016/06/02

骨格別、夏の「喪」の装い

こんにちは。骨格診断ファッションアドバイザーの中村美賀子です。

今日は、冠婚葬祭・夏の「葬」
「ストレート」「ウエーブ」「ナチュラル」骨格別装いをご提案いたします。

ご準備が必要な方への参考記事になると嬉しいです。

最近はあまり見かけなくなった気がしますが、喪の装いに「ブラックスーツ」それも、仕事に着ていっています。というブラックスーツは大人の女性としてはちょっと避けたいもの。

なんとなく、なんとなく洋服の放つ気が違うのですよね。

やはり喪には、喪に服した装いが礼儀という気がいたします。
さて、今回も「ストレート」「ウエーブ」「ナチュラル」と骨格別にオススメスタイルをご紹介させていだきますね。

夏の喪服でのご案内となりますので、基本、袖丈袖丈が短め。そしてスカート丈は長目となっています事、ご了承ください。


さて、「ナチュラル」さんは、スタンドカラーがお勧めです。
スカートはより長目で、ナチュラルさんに必要な重心を下に。を実現させましょう。

とても品よくまとまりますよ。



「ストレート」さんは、もともとスーツをお得意とするボディ。
今回は、変化球でご案内します。

本来は、袖丈も手首まで。襟もVが基本となりますが、シングルスーツタイプになると、ちょっとカッコよすぎてしまいそうです。

これは丸首ですが、一連の本真珠を身に着ける方が多いのでOKと判断しました。前身ごろは、一ヶ所のウエスト位置で止めることでVネックを実現できています。できたら、おリボンは取り外し可能な場合は外して着用をお勧めします。

そして、このワンピースのシルエットはタイトシルエットのスカートになっていますので安心ですね。


そして、「ウエーブ」は「ストレート」「ナチュラル」にくらべ、より短い着丈と袖丈を選びました。
スカートはほどよく裾が広がっている「ウエーブ」テイスト。

それぞれの骨格に合うバッグは以前にブログでご紹介していますので、そちらの記事をご参照くださいね→弔事の骨格別バッグの選び方

冠婚葬祭の「葬」は、急なことも多いですから、日ごろからの準備が大切。

スーツは当然ながら、不祝儀袋、袱紗、お数珠、バッグ、靴、ストッキング、ハンカチ、傘など、慌てないようにまとめておきましょうね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
あなたの魅力を引き出すヒントになれば幸せです。



本日の画像はマーガレット・ゴールド様よりお借りいたしました。


福岡・博多の骨格ファッションテイスト診断 ご予約TEL 福岡092-737-4646

骨格診断メニューと料金はこちら→★
福岡市内はもちろん、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄。
東京、神戸、海外など遠方からもお越し頂いております。

恋愛・夫婦・職場・親子関係がファッションでみるみる解決。
「見た目」で相手の対応が変わり「似合う」ファッションで自分に自信がつきます。
苦手と思っていた外見を自由にコーディネイトできるようになります
もっと自分を大好きになれる。自分の歩みたい道を骨格ファッション診断から切り開く。そんな骨格診断をお手伝いさせて頂いています。

福岡でお会いできることを楽しみにしています!

骨格診断アドバイザーのご紹介→★


毎月1~15日のご予約可能日 ★毎月16~31日のご予約可能日



塗るだけの簡単ケアでムダ毛ケアと美肌づくりが同時にできるネオ豆乳ローション

0 件のコメント:

コメントを投稿